FC2ブログ
  音楽の旅 ~ピアノ雑記~

プロフィール

Y.N.

Yuki NOGUCHI(野口裕紀)

演奏会、日頃の練習、レッスンの様子など不定期で書き記していきます。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフマニノフのソナタ2番


最近ラフマニノフ熱が高まっており、昔から憧れていたソナタ2番に取り組み始めました。

この曲との出会いは桐朋学園時代の先輩の卒業試験と卒業演奏会で聴いた演奏でした。
メランコリックな情緒溢れる2楽章、力強くドラマティックな3楽章に魅了されたのが今でも鮮烈に思い出されます。

当時はあまり興味を惹かれなかった1楽章にも今では強い興味を持ち衝動が抑えきれなくなり、「今こそ挑戦する時期が来たのだ!」と喜び勇みながら譜読みをしています(笑)

***

さて取り掛かったはいいものの、なんと譜読みの難しいことか・・・
形になるまでに相当な時間を要しそうです。

このソナタの版は1913年の初版、1931年の改訂版、ホロヴィッツの演奏しているホロヴィッツ版の3種類があります。

代表的な演奏。Youtubeから自分好みで選んでみました(笑)
1913年初版:ゾルターン・コチシュ氏の演奏(ハンガリーの三羽烏の一人、正統派な名ピアニストです)
1931年改訂版:ユジャ・ワン女史の演奏(僕の大好きな演奏家の一人です)
ホロヴィッツ版:ウラディミール・ホロヴィッツ氏の演奏(1968年のカーネギーホール。神演奏。)

作曲者のラフマニノフ自身が、初版の中の冗長すぎる部分や演奏困難な部分などを見直し、だいぶスッキリとまとめられたのが改訂版です。

しかしながら作曲者としては良かれと思って改訂したとしても、「初版の方が魅力的だったのに・・・」と思える箇所も多々あるのもまた事実で、どちらの版で演奏するかを選択するのもピアニストの楽しみの一つとなっています。両方を混ぜ合わせて弾いているピアニストもいます。

参考楽譜付きの演奏動画:ルガンスキー氏によるミックス版の演奏(ところどころ表示されている楽譜が演奏と食い違っていて間違っていますが、そこは動画投稿者のご愛嬌ということで・・・)

ショパンのノクターン遺作(嬰ハ短調)なども、作曲者が大きく改訂したことで有名な曲ですね。
オリジナルの方が冴えたセンスが見られたり、印象に残る素敵な部分があったりするので、初版と改訂版の両方の美味しいところ取りをしたミックスで弾くピアニストも多いです。
僕も混ぜ合わせて自分の好みになるように仕立て上げています。

それと同様に、ラフマニノフのソナタ2番もまたどちらの版を採用するか悩み熟考し、自分好みの形を模索してきたいところです。



例えば上の画像の中段には、内声に魅力的なラインが隠されています。
ルガンスキーなどはこの隠れメロディーを意識的に美しく取り出して演奏しています。
これを効果的に演奏したい場合は改訂版の方が都合が良いのです。



また、上の画像の4段目以降は初版にのみ見られる部分で、改訂版ではバッサリと切り捨てられてしまっているのですが、非常にラフマニノフらしい魅力を多く含んでおり、捨ててしまうにはもったいないように感じられます。
そうなると初版を弾いた方が良いということになります。

つまり最終的に行き着くところは、これまたピアニスト自身が取捨選択して自分の好みのバージョンに仕立て上げることだと思います。

それを行った最も偉大な演奏家はホロヴィッツでしょう。
ホロヴィッツはラフマニノフ本人と親交があり、作曲者本人の了承を得て、自ら初版と改訂版のミックスを行いました。
ホロヴィッツらしい再編曲や脚色も織り交ぜられ、ラフマニノフ本人が認めるもう一つの版として成り立っています。
ただ出版されていないのが残念なところです・・・。

ホロヴィッツの代表的な演奏は1968年のカーネギーホール、1980年のボストンのシンフォニーホール、1982年のロンドンのロイヤルフェスティバルホールでの記録が残っています。
面白いことにそれぞれ微妙にミックスの内容が違うところに、ホロヴィッツ自身の感覚の変遷も見てとれます。

詳しいことは山口雅敏氏による「ラフマニノフのピアノソナタ 第2番 変ロ短調、作品36 における原典版(1913年)と改訂版(1931年)との比較、及びホロヴィッツ番の作成と考察」という文献にて知ることができます。

***

非常に難解で演奏も難しい曲ですが、そこに凝縮されたロマンティシズムはロマン派のピアノ音楽における最高傑作の一つと言えると思います。

僕なりの形を模索しつつ、練習を重ねていきたいと思います。
ワクワクする気持ちとともに意欲に燃えています♪
 
スポンサーサイト
生徒の上達に驚く
 

生徒の一人がバーバーのソナタの4楽章を練習しています。
専門でピアノを学んでいる学生ではなく、趣味でピアノを楽しんでいる大人です。
当初は無謀な選曲とも思えたのですが、ご本人が曲をとても気に入り熱意を持って臨んでいるため、応援する気持ちでレッスンを重ねてきました。

転調が細かかったり、複調の部分があったりと、響きの上でも複雑で厄介な曲です。
加えてフーガで出来ているので、ポリフォニックな処理がまた難しい。

半年近くレッスンを続けていても一向にしっかりしてこなくて、「やはり無謀だったのか・・・」と思い始めていたところ、なんと今日のレッスンでは前回から見違えるほど上達しており、その飛躍的な変化にビックリしました。

「曲が好き」という気持ち、そこから来るモチベーションというのは時に凄まじい力を発揮させるものですね。

音の間違いもなくなり、アーティキュレーションや声部のバランスなどにも意識が及ぶようになり、曲の形が見えてきました。

一気に希望の光が差し込んできた感じです。
素晴らしい。継続は力なり!!

レッスンで生徒から感動と刺激をいただくことができ、本当に嬉しいです。
 
ポケモンGO
 

日々のお散歩アプリとして楽しんでいるポケモンGO、ついに経験値が1億に到達しました!
これは誇れることなのか恥ずべきことなのか・・・

ポケモンを全然知らないところから始めたのですが、今ではおかげさまでだいぶ詳しくなりました(笑)
映画も見に行きますし、ポケモンセンターにぬいぐるみを買いに行ったりもします。

地域のLINEグループに参加したり、妻や義父と遠足のように出かけたり、友人や生徒とポケモン交換したりして楽しんでいます。

日々のリラックスのために散歩のお供として楽しんでいたはずなのですが、いつのまにやら多くの時間と情熱を注ぎ込むほど熱中してしまっているので、今回を節目に少し節度を持って楽しもうと思う次第です(^^;

 

1億XP達成を記念して、池袋サンシャインシティにある「ポケモンセンターメガトウキョー」の2本のジムを金ジムにしてきました。
ポケモンGOを知らない人にはなんのこっちゃと思われるかもしれませんが、大勢の人で賑わう激戦のジム(戦う場所)に寝る間も惜しんでバトルをしに何日も足繁く通い詰めたということです(^^;

 

いつのまにかグッズも増えてきました。
生徒がぬいぐるみをプレゼントしてくれたり、友人が絵を描いてくれたり、家には宝物がいっぱいです。
左の画像は大好きなフシギバナ(&フシギダネ、フシギソウ)たちがピアノを占拠した図です。

 

ポケモンGOは現実世界の風景の中でポケモンを捕まえることができるARモードというのも魅力の一つです。
出掛けた先で、良い風景を探して撮影するのが楽しみだったりします。

  

横浜、鳥取、横須賀とリアルイベントにも参加しました。
今年の夏に行われた横須賀イベントはロケーションにも恵まれており、戦艦の前でメタグロスの迫力ある写真が撮れたり、バラ園の前で美しいサーナイトの写真が撮れたりと、興奮しっぱなしでした。

 

このブログをご覧になっている方でポケモンGOをされている方がいるかどうかはわからないのですが、最後にプチ自慢をさせてください(//ω//)

ハピナス20体をカンストさせ、20ヶ所のジムを落とし、上限である20体全てを配置しました。
ポケモン交換ではキラポケモンの個体値100%がハピナス、ラプラス、ケンタロスという神ラインナップで揃いました。

長々と趣味を語ってしまいましたが、ピアノ以外にこんなこともしていますよーというご報告でした(笑)
 
肖像画


以前「ジェラゾヴァ・ヴォラ」の絵を描いてプレゼントしてくださった元生徒が、今度はなんと僕の肖像画を描いてくださいました。
以前、敦賀でコンサートをした時のショパンのバラード4番の演奏中の一コマです。

鬼気迫るオーラや苦悶の表情など、曲に没入する様子が伝わってきて、深い味わいを感じさせてくれます。
タイトルは「音を紡ぐ」。

何を思いながら描画を進めてくださったのか、鉛筆を重ねていく瞬間瞬間のお気持ちに思いを馳せると、自然と目頭が熱くなってきます。
素敵な絵を描いていただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

新年の展覧会に出展された時に、大変ご好評をいただけたとのご様子を伺い、大変嬉しい思いです。
神戸の教室の壁に飾らせていただきます。

ピアノのレッスンの関係がなくなってから数年以上経ちますが、それでもこのように絵の題材にしていただけるというのは本当に有難いことで、絵画を通じて心の温もりが伝わってくるようです。

こんな風に自分の肖像画を描いていただいたのは生まれて初めてのことなので、気恥ずかしさもありますが、絵の放つ気概やオーラに負けないよう、精進と活動に励みたいと思います。
 
木村徹と仲間たちコンサート
10月12日(木)19時より、ルーテル市ヶ谷センターのホールにて、音大時代の恩師である木村徹先生の還暦を記念してのコンサートを開催いたしました。不肖ながら私も出演させていただき、リストのスペイン狂詩曲を演奏させていただきました。

 S__84148256.jpg S__83935241.jpg

スペイン狂詩曲は、昔から弾いてみたいと憧れていた曲です。今回初めて挑戦してみました。
練習しても練習しても終わりがなく、前日前夜まで新鮮な発見に満ちていて、本番まで無我夢中で楽しく突き抜けていきました!
会場の熱気に包まれながら、熱く演奏を楽しめたことを嬉しく思います。
終演後も一晩興奮が冷めやらぬくらい高揚した気分で、とても満ち足りた思いで演奏を終えることができました。

私事ではありますが、2年前の不祥事以来、本格的なピアノソロの演奏活動としては初めての大舞台でもありました。
恩師である木村徹先生のご厚情により演奏の機会をいただけたことに深く感謝をしております。

S__83935243.jpg S__83935244.jpg S__83935245.jpg

S__83935249.jpg S__83935239.jpg S__83935240.jpg

素敵なお花やお菓子などもたくさん頂戴しました。
お一人お一人にお礼の言葉を伝えたいところですが、この場を借りてまとめてお礼を申し上げる失礼をお許しください。

綺麗なアレンジメントのお花の数々に目を癒され、美味しいお菓子の数々に舌鼓を打ち、ハロウィンのパッケージに季節を感じ、可愛いポケモングッズに癒され、大変幸せを感じています。

ご来場は叶わなかったにも関わらず贈り物を差し入れてくださった方々もおられ、感謝の気持ちでいっぱいです。皆様に厚くお礼を申し上げます。本当にありがとうございました!

終演後にはご来場くださった皆様と言葉を交わせる時間もあり、皆様とご挨拶ができて嬉しかったです。
何年ぶりかにお会いする面々もおり、感慨深い思いでいっぱいでした。
気をぬくと涙が溢れてしまいそうでした^^;

S__83935252.jpg S__83935256.jpg S__84148255.jpg

打ち上げの席もまた楽しいものでした。美味しい料理を楽しみながら、コンサートの余韻とともに話に花を咲かせました。風変わりな先生のキャラクターに触れるだけでも楽しく、まさしくあっという間の1日でした。

今回の経験を通じて、これからさらに演奏活動を積極的に展開していきたいとの思いも改めて強まりました。
まだまだ至らない部分も多く、勉強の必要性を感じておりますが、今後とも演奏活動を見守っていただければ幸いに存じます。

改めてましてこの場をお借りして、ご来場くださいましたお客様、裏方で支えてくださったスタッフの皆様、応援してくださった多くの皆様方に厚く御礼申し上げます。
 
子供たちとコンサート


先日、大勢の子供たちの前でコンサートを行う機会をいただきました。
編成はトランペット、トロンボーン、ピアノという金管トリオです。

クラシックの名曲やソロ、日本の歌、ディズニーやゲームの曲など親しみやすい曲を聴いてもらい、また各学年ごとに用意してくれていた合奏や合唱など、幅広い演目を皆様と一緒に楽しく演奏させていただきました。

合奏や合唱の曲については、事前の練習なしでも合わせられるように押さえるべきポイントは押さえつつ、より楽しさ増し増しになるようにアレンジも施してみました。子供たちはJazzyなスウィングなどにも戸惑うことなく乗ってくれて、楽しくアンサンブルできました。感激しました。音楽って最高だね!!ヾ(≧∇≦*)ゝ

子供たちと交わす会話や素直なリアクションが楽しくて、ますます気持ちが乗せられる部分もあり、最後には大盛り上がりで合唱を終えることができました。本当に楽しかったです!

このコンサートを子供たちや関係各者に喜んでもらえて大成功で終えることができたことは、僕自身のピアニストとしての自信と勇気も改めて高めてくれました。そのことにも心から感謝しています!

画像は、子供たちから後日送られてきた感想のメッセージ集です。全て読ませていただきました。とても嬉しくて面白くて、何度もじっくり読ませていただきました。
中には変わった感想もあって、「トランペットはよく吹いていた。トロンボーンもよくできていた。ピアノもよくひいていた。」という感想もあって、思わず笑みがこぼれてしまいました。一人一人の言葉がダイレクトに伝わってきて、本当に嬉しいです!たくさんの子供たちに感謝!!ヾ(≧∀≦)ノシ

僕にとって大きな大きな歩みとなった素敵なコンサート。
本当に幸せいっぱいな時間を過ごさせていただき、ありがとうございました!

お世話になりました関係者の皆様に、この場を借りて改めて心から厚くお礼を申し上げます。
 
ジェラゾヴァ・ヴォラ
 

ピアノの元生徒が絵を描いて贈ってくださいました。
ショパンの生家「ジェラゾヴァ・ヴォラ」です。

優しく色彩豊かな絵を見ていると、まるでショパンの音色が聴こえてくるかのようです。
ショパンの音楽は華麗な中にも繊細さがあり、変化に富んでいます。
そして、ショパンの音色は弾く度にその色合いが変わります。
この「ジェラゾヴァ・ヴォラ」の絵からは、まるでそれを象徴するかのように飽きることのない無限に溢れ出る色彩を感じます。

実は、この絵を描いてくれた元生徒に僕がピアノのレッスンをしていたのは、もう何年も前のことです。
長年の隔たりがあるにも関わらず、僕のことを覚えてくださっていて、さらにはこのような素敵な絵を贈ってくださるなんて、本当に感激です!

思いがけない素敵な頂き物に、季節を少し先取りして、まるで春のように心が弾んでいます。^^
嬉しさとともに感謝の気持ちでいっぱいです。

早速、神戸のレッスン室に飾らせていただきました。
温かなインスピレーションが湧いて出てくるようで、思わずショパンを弾きたい衝動に駆られています♪
 
新年あけましておめでとうございます
新年あけましておめでとうございます。
今年も皆様にとって幸多き一年になりますよう!

いつのまにかピアノの生徒たちから頂いたポケモンやシャチのグッズが増えてきました。
ピアノの部屋も可愛いグッズがいっぱいになって賑やかで嬉しいです!\(//∇//)\

今年も元気いっぱい、ピアノに取り組んでいきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

  

 
綺麗な落ち葉


落ち葉が色付き、秋の深まりを感じます。
すっかり冬の寒さを感じる日の方が多くなってきました。

ポケモンGO!をしながら近所を散歩していると、こんな綺麗な風景に出会いました。
思わず足を止めて、季節を感じながら佇むのも気持ち良いものですね。
 
演奏動画(リストのコンソレーション、ブルグミュラー)
またいくつか演奏をYoutubeにアップしました。

Liszt: Consolation No.3 in D-flat major
リスト:コンソレーション(慰め)第3番 変ニ長調



一年を振り返りながら、リストのコンソレーション(慰め)第3番を弾いてみました。

この曲は、ペダルの踏み替えによって実際には残らずに消えてしまうバスの音が、楽譜上(想像上)ではずっと残って響きを作っています。
実際には鳴っていないのですが、脳内で響きが補完されて聴こえてくる不思議。

タイトルの通り、儚くも美しい曲です。
最後のバスは、打弦せずにダンパーを開放しなおすという特殊なテクニックも用いて、追憶の響きをイメージしてみました。

***

Burgmüller: 25 Études, Op.100 No.7 "Courant limpide”, No.12 "Adieu”
ブルグミュラー:25の練習曲より第7番「清い流れ」、第12番「さようなら」



幼少の頃に弾いたブルグミュラーですが、改めて新鮮な気持ちで取り組んでみました。

No.7 “Courant limpide(清い流れ、澄みきった流れ)”
さらさらと流れる清流のようなイメージで弾いてみました。中間部は日の光がキラキラ反射しているような美しさを感じます。

No.12 ”Adieu(さようなら、別れ)”
また明日ね、という軽い挨拶ではなく、二度と会えない永遠の別れのような重みを感じます。中間部からは、過去の温かい思い出、もし一緒にいられたならという儚げな夢、そんな束の間の幸せを感じます。

***

映像として残る動画は、ライブ演奏とは違った独特の難しさがあり、取り組むことでとても勉強になりました。
また来年も様々な曲の演奏動画に挑戦できたらと思っています。
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。