FC2ブログ
  音楽の旅 ~ピアノ雑記~

プロフィール

Y.N.

Yuki NOGUCHI(野口裕紀)

演奏会、日頃の練習、レッスンの様子など不定期で書き記していきます。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



ラフマニノフのソナタ2番


最近ラフマニノフ熱が高まっており、昔から憧れていたソナタ2番に取り組み始めました。

この曲との出会いは桐朋学園時代の先輩の卒業試験と卒業演奏会で聴いた演奏でした。
メランコリックな情緒溢れる2楽章、力強くドラマティックな3楽章に魅了されたのが今でも鮮烈に思い出されます。

当時はあまり興味を惹かれなかった1楽章にも今では強い興味を持ち衝動が抑えきれなくなり、「今こそ挑戦する時期が来たのだ!」と喜び勇みながら譜読みをしています(笑)

***

さて取り掛かったはいいものの、なんと譜読みの難しいことか・・・
形になるまでに相当な時間を要しそうです。

このソナタの版は1913年の初版、1931年の改訂版、ホロヴィッツの演奏しているホロヴィッツ版の3種類があります。

代表的な演奏。Youtubeから自分好みで選んでみました(笑)
1913年初版:ゾルターン・コチシュ氏の演奏(ハンガリーの三羽烏の一人、正統派な名ピアニストです)
1931年改訂版:ユジャ・ワン女史の演奏(僕の大好きな演奏家の一人です)
ホロヴィッツ版:ウラディミール・ホロヴィッツ氏の演奏(1968年のカーネギーホール。神演奏。)

作曲者のラフマニノフ自身が、初版の中の冗長すぎる部分や演奏困難な部分などを見直し、だいぶスッキリとまとめられたのが改訂版です。

しかしながら作曲者としては良かれと思って改訂したとしても、「初版の方が魅力的だったのに・・・」と思える箇所も多々あるのもまた事実で、どちらの版で演奏するかを選択するのもピアニストの楽しみの一つとなっています。両方を混ぜ合わせて弾いているピアニストもいます。

参考楽譜付きの演奏動画:ルガンスキー氏によるミックス版の演奏(ところどころ表示されている楽譜が演奏と食い違っていて間違っていますが、そこは動画投稿者のご愛嬌ということで・・・)

ショパンのノクターン遺作(嬰ハ短調)なども、作曲者が大きく改訂したことで有名な曲ですね。
オリジナルの方が冴えたセンスが見られたり、印象に残る素敵な部分があったりするので、初版と改訂版の両方の美味しいところ取りをしたミックスで弾くピアニストも多いです。
僕も混ぜ合わせて自分の好みになるように仕立て上げています。

それと同様に、ラフマニノフのソナタ2番もまたどちらの版を採用するか悩み熟考し、自分好みの形を模索してきたいところです。



例えば上の画像の中段には、内声に魅力的なラインが隠されています。
ルガンスキーなどはこの隠れメロディーを意識的に美しく取り出して演奏しています。
これを効果的に演奏したい場合は改訂版の方が都合が良いのです。



また、上の画像の4段目以降は初版にのみ見られる部分で、改訂版ではバッサリと切り捨てられてしまっているのですが、非常にラフマニノフらしい魅力を多く含んでおり、捨ててしまうにはもったいないように感じられます。
そうなると初版を弾いた方が良いということになります。

つまり最終的に行き着くところは、これまたピアニスト自身が取捨選択して自分の好みのバージョンに仕立て上げることだと思います。

それを行った最も偉大な演奏家はホロヴィッツでしょう。
ホロヴィッツはラフマニノフ本人と親交があり、作曲者本人の了承を得て、自ら初版と改訂版のミックスを行いました。
ホロヴィッツらしい再編曲や脚色も織り交ぜられ、ラフマニノフ本人が認めるもう一つの版として成り立っています。
ただ出版されていないのが残念なところです・・・。

ホロヴィッツの代表的な演奏は1968年のカーネギーホール、1980年のボストンのシンフォニーホール、1982年のロンドンのロイヤルフェスティバルホールでの記録が残っています。
面白いことにそれぞれ微妙にミックスの内容が違うところに、ホロヴィッツ自身の感覚の変遷も見てとれます。

詳しいことは山口雅敏氏による「ラフマニノフのピアノソナタ 第2番 変ロ短調、作品36 における原典版(1913年)と改訂版(1931年)との比較、及びホロヴィッツ番の作成と考察」という文献にて知ることができます。

***

非常に難解で演奏も難しい曲ですが、そこに凝縮されたロマンティシズムはロマン派のピアノ音楽における最高傑作の一つと言えると思います。

僕なりの形を模索しつつ、練習を重ねていきたいと思います。
ワクワクする気持ちとともに意欲に燃えています♪
 
金管楽器とトリオ
 

トランペットとバストロンボーンとピアノという編成でのトリオを練習しました。
ピアノトリオというと、一般的にはヴァイオリン、チェロという組み合わせ、もしくは管楽器を含む場合も木管楽器であることが多いです。
そういった意味で、今回のはとても珍しい編成なのではないでしょうか。

新鮮な響きをお互いに楽しみ合うような楽しい合わせでした♪
金管二人がフォルテを出す時は、ピアノは全力で鍵盤をぶん殴らないと音が埋もれてしまいます(笑)
 
二村さんと一緒に練習☆
3日間かけて、二村さんと36曲を合わせ終わりました(^_^)v
二村さんのヴァイオリンの表現力の深さに、新たなインスピレーションを刺激されることもしばしば!
どの曲も一人で練習している時よりずっと生き生きとしてきました☆

不安を感じていた難曲も形になり、改めて36曲全てがスタートラインに立ったようで、わくわくしていますo(^_^)o
本番までもう少し!気持ち新たにますます練習に打ち込みたいと思います☆

  

練習自体も充実していたのですが、お笑い好きという共通項で話が盛り上がったり、二村さんの意外な一面も垣間見ることができて、とても楽しかったです。

うちの動物たち(うさぎ&デグー)ともたくさん遊んでくださいました。デグーのあごをぐしぐしと指で撫でて「ニ~ッ」と笑わせて(気持ち良いポーズ)くださるのですが、指を噛まれないか心配でハラハラしました(^_^;

 ←あずきの格好良いポーズ(命名:イケメン風トイレ)
 
36曲の練習☆
二村さんとの36曲マラソンに向けての練習を、楽しく続けています(^_^)
でも、予想通り、苦戦を強いられています・・・orz
練習時間は日に日に伸びて、深夜1時過ぎにまで及ぶことも(滝汗)
東京では夜中には弾けないので、ある意味、電子ピアノが欲しいです(^_^;

最近は、レッスンの帰り際に「頑張ってください」と応援してくれる生徒もいたりして有難い限りです(;_;)
いよいよ二村さんとの合わせまであと一週間となりました。
少しでもしっかり弾けるように詰めていきたいと思います。

今回の一連のコンサート、いずれの曲も素敵なのですが、とりわけ好きになった曲があります(^_^)
サン=サーンス:ヴァイオリンソナタ1番(Op.75)より4楽章です。
これまで全く知らなかった曲なのですが、サン=サーンスらしい魅力に溢れた超絶技巧曲です。
やればやるほど素敵な魅力に気付かされ、感動の底力を秘めた曲であることがビンビンに感じられます。
途中で猫がタンバリン(もしくは鈴)を持って楽しそうに踊りながら加わってくる情景が見えてきたり、もうファンタスティックでそれはそれは楽しいです♪

ラストスパートというには程遠い状況ですが、二村さんと思いっきり打ち上げを楽しむためにも、完全燃焼目指します!!o(^_^)o
 
限界への挑戦!
大変なことになりました!
1ヶ月でヴァイオリンの伴奏36曲(各6分の曲)を仕上げなければなりません。
しかも、そのうちの30曲近くが初めて譜読みする曲です。Σ(゚Д゚;)

ソナタ系は、ブラームスソナタ3番の4楽章、サン=サーンスソナタ1番の4楽章、フランクのソナタ4楽章など。
ワックスマンのカルメン幻想曲、パガニーニのラ・カンパネラ、チャイコフスキーのワルツ・スケルツォなど定番ながらも決して易しくない曲の数々。
ラプソディー・イン・ブルー、メンデルスゾーン協奏曲3楽章、ロッシーニのオペラなどの編曲もの。
アルベニスやファリャなどのスペイン作品やブロッホなど近代作品。
・・・1曲ごとが半端なく難しいものばかりですorz

実は11月5~7日に弦楽器フェアというイベントが開催され、その時に一日2公演×3日間の合計6公演をヴァイオリニストの二村英仁さんと共演させていただく予定なのですが、つい最近その内容が詳しくわかりました。
今回のコンサートは36梃のヴァイオリンを紹介するという催しでもあり、主催者様の希望は、「いずれの曲も音域を広く使う6分程度の曲で、作曲家もバラエティに富み、いずれの公演とも曲目の重複なしで」・・・という鬼のような内容。(ご意向はよくわかります・・・(^_^;)

ヴァイオリニストの二村さん共々、普通のプログラムのコンサートを繰り返すだけ、と思って悠々と構えていただけに、この難題に大慌てです。
二村さんは素晴らしいヴァイオリニストなのできっとこなせてしまうのだと思いますが、私にとってはこれは大変な死活問題です!orz

合わせ練習が10月半ばにあるのですが、単純計算で1日に1曲譜読み&マスターしても間に合わない計算になります。

ピアノで例えるなら、ディズニーランドに行ったりするようなのんびりした予定を組んでいたところに、突然「1ヶ月後にコンサートでショパンのバラードとスケルツォを全曲弾いてください。」と言われたようなもの。ビックリ仰天で、呆然→冷や汗→とにかくやるしかない!という、そんな状況です。

生活も一転しました。
早朝6時から練習スタートで、日中は脳味噌が動く限りピアノに向かい、疲れたら1時間ほど仮眠をとる、といった生活パターンに突入。

譜読みはもともと好きなので本当は「譜読み天国」というのが正しいのですが、今回ばかりは「譜読み地獄」に陥りそうです。
今までは、リストのハンガリー狂詩曲6番を譜読みから1週間で仕上げてコンサートで演奏したことが自慢の一つでしたが、今回はそれを遥かに凌ぐ話のネタになりそうです。

おそらく、これまでのピアノ人生で一番大変な試練がやってきたのではないかと感じています。
しかし、不思議とわくわくするような高揚感があり、楽しみな気持ちでもありますo(^_^)o

年中ダラダラしているので「たまには気を引き締めて己の限界に挑戦せよ」という天の思し召しに違いありません。orz