音楽の旅 ~ピアノ雑記~

プロフィール

Y.N.

Yuki NOGUCHI(野口裕紀)

演奏会、日頃の練習、レッスンの様子など不定期で書き記していきます。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



小児科でコンサート☆


京都府立医大病院の小児科にて川畠さんとコンサートをさせていただきました。
小児ガンなどで入院中の子どもたちに聴いていただきました。

器械や器具をつけたままの子どもたちが一生懸命に聴いてくれている中、川畠さんの優しい音色からは、励ましともとれるような強いエネルギーが感じられ、共演させていただきながら魂に直接響いてくるような感動を覚えました。
たくさんの子どもたちと素敵な音楽の時間を一緒に過ごすことができたことに心から幸せを感じています。

今もずっと目の治療に通う川畠さんや重い病気と闘う子どもたち、私の想像にも及ばないほど過酷な戦いだと思いますが、音楽という空間を通じてコミュニケーションさせていただける中で、生きる喜びや精神の強さなど、ひしひしと強いエネルギーを感じられたことは、私にとって何にも代え難い体験です。
音楽はまさに双方向のエネルギーによって作られるものだという(演奏家が一方的に発信するものではない)ことを改めて感じたコンサートでした。

素敵なコンサートを作り上げてくださった全ての皆様に感謝!

[今日の一言]
・子どもたちの中には「お医者さんや看護師さんになりたい」と思う子も多いと思いますが、今日の演奏を聴いて「音楽家になりたい」と思ってくれる子もいたら嬉しいです☆
・会食の席でドクターたちから医療の現場での様々なお話しを聞けたのも、面白くて勉強になりましたm(_ _)m
 
サンミケーレでコンサート☆


浜松町のレストラン「サン・ミケーレ」にて川畠成道さんとコンサートをさせていただきました。昨年に続いて2回目です☆

素敵なスタインウェイのあるレストランで、ピアソラのオブリヴィオンなど特に雰囲気がピッタリです(^_^)
チャイコフスキーのワルツ・スケルツォは初めて弾く曲で、ドキドキしながらも楽しく演奏させていただきました。皆様いかがでしたでしょうか。

素敵なコンサートにしてくださいましたお客様、スタッフの皆様にこの場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

[おまけの一言]
・演奏前にまかない料理の明太子クリームのパスタをいただいたのですが、イタリアンレストランならではの贅沢なおいしさに弾く前から至福でした(*^_^*)
・ピアニストによってはフランクのソナタなどは暗譜していたりするらしい!(楽屋裏談義より) やはりそのくらい覚え込んでこそ、初めて自由になることができる部分もあるということなのでしょう@@
 
二村さんと一緒に練習☆
3日間かけて、二村さんと36曲を合わせ終わりました(^_^)v
二村さんのヴァイオリンの表現力の深さに、新たなインスピレーションを刺激されることもしばしば!
どの曲も一人で練習している時よりずっと生き生きとしてきました☆

不安を感じていた難曲も形になり、改めて36曲全てがスタートラインに立ったようで、わくわくしていますo(^_^)o
本番までもう少し!気持ち新たにますます練習に打ち込みたいと思います☆

  

練習自体も充実していたのですが、お笑い好きという共通項で話が盛り上がったり、二村さんの意外な一面も垣間見ることができて、とても楽しかったです。

うちの動物たち(うさぎ&デグー)ともたくさん遊んでくださいました。デグーのあごをぐしぐしと指で撫でて「ニ~ッ」と笑わせて(気持ち良いポーズ)くださるのですが、指を噛まれないか心配でハラハラしました(^_^;

 ←あずきの格好良いポーズ(命名:イケメン風トイレ)
 
池田町でコンサート☆
 

10月11日~12日と、長野県の池田町(北安曇郡)にお招きいただき、川畠成道さんとコンサートをさせていただきました☆

11日は創造館のホールにて、12日は高瀬中学校にて演奏させていただきました。
たくさんの町民の皆様(中には県外からの方も!)や、中学生・小学生の皆様に演奏を聴いていただき、この上ない幸せを感じています。
演奏を聴いてくださいました皆様、ありがとうございました。

企画を立ち上げ、実現に導いてくださいました全ての関係者の皆様へのご尽力にも頭が下がる思いです。
この場を借りて、心よりお礼申し上げます。

両日とも非常に楽しく充実した時間を過ごさせていただきました(*^_^*)

***

池田町はアルプスの素晴らしい眺望、清流や田園風景が魅力の素敵なところでした。
初日のお昼にはお蕎麦をいただき、地元のきのこやあけびの天ぷらなど、珍しくて美味しいものをいただきました。
コンサート後の晩餐会では、贅沢なお食事やワインを堪能し、気持ちもお腹もいっぱいになりました☆

宿泊したのは「メイヤの樹」様。部屋や小物がとても可愛くて、メルヘンの世界にいるようでした。



こちらでいただいた朝食もまた特別な思い出になりました。
肉やソーセージ・野菜も自家製でとてもおいしく、ヨーグルトやフルーツも地元産ならではのおいしさ!
目の前で一人一人に作ってくださったオムレツでは、シェフの技に感動!



演奏会後には周辺をご案内いただいたり、まるで観光旅行に来たかのように楽しませていただきました。
水車小屋やわさび農園など、透き通る水の美しさには心が洗われるようでした。



最後は松本のイングリッシュ・パブでフィッシュ&チップスをつまみながらビールという、イギリス風癒しスタイルで話に花を咲かせました。
たくさんのお花に加えて、写真、ワインやわさびチョコ、自家製のお米など、持ちきれないほどのお土産までいただき、名残惜しい気持ちで帰途につきました。

改めまして、今回出会った全ての皆様に心よりお礼申し上げます。ありがとうございましたm(_ _)m

 
36曲の練習☆
二村さんとの36曲マラソンに向けての練習を、楽しく続けています(^_^)
でも、予想通り、苦戦を強いられています・・・orz
練習時間は日に日に伸びて、深夜1時過ぎにまで及ぶことも(滝汗)
東京では夜中には弾けないので、ある意味、電子ピアノが欲しいです(^_^;

最近は、レッスンの帰り際に「頑張ってください」と応援してくれる生徒もいたりして有難い限りです(;_;)
いよいよ二村さんとの合わせまであと一週間となりました。
少しでもしっかり弾けるように詰めていきたいと思います。

今回の一連のコンサート、いずれの曲も素敵なのですが、とりわけ好きになった曲があります(^_^)
サン=サーンス:ヴァイオリンソナタ1番(Op.75)より4楽章です。
これまで全く知らなかった曲なのですが、サン=サーンスらしい魅力に溢れた超絶技巧曲です。
やればやるほど素敵な魅力に気付かされ、感動の底力を秘めた曲であることがビンビンに感じられます。
途中で猫がタンバリン(もしくは鈴)を持って楽しそうに踊りながら加わってくる情景が見えてきたり、もうファンタスティックでそれはそれは楽しいです♪

ラストスパートというには程遠い状況ですが、二村さんと思いっきり打ち上げを楽しむためにも、完全燃焼目指します!!o(^_^)o
 
東京に引っ越し☆


ペットたちを連れて、神戸から東京にミニ引っ越しをしました☆
今日は筋肉痛と戦いながら室内の模様替えをちょこちょことやっています。

今後は東京を拠点にした生活を中心にしながら、今までとは逆の形で、神戸にレッスンに通います。
神戸でのレッスンは、今まで通り2週間もしくは1ヶ月に1回の頻度で継続していくつもりです。

利便性や経済効率を考えての決断ですが、神戸は今の自分の生活のスタート地点でもあり、山や海など自然も多く居心地が良いので、神戸がメインの生活ではなくなるというのはなんとなく寂しいものです(T_T)

目に見える部分ではこれまでと大差ない生活を続けていきたいと思っていますので、関西・関東ともに、皆様今後ともよろしくお願いいたします。