音楽の旅 ~ピアノ雑記~

プロフィール

Y.N.

Yuki NOGUCHI(野口裕紀)

演奏会、日頃の練習、レッスンの様子など不定期で書き記していきます。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光と風のミュージアム☆
 

5月16日に二宮の光と風のミュージアムで、ヴァイオリンの川畠成道さん、ソプラノの奥山恵美子さんと共演させていただきました。
心地よい日和のもと、広がる海を眼前に、色とりどりの花に包まれて、心華やぐステージでした。

お客様と近い距離で楽しめるコンサートは、演奏の細部までお客様とのコミュニケーションを密に感じられます。
その分、音色の感動や心躍る興奮など素敵な瞬間が共有できる喜びも、広いホールでの演奏より回数的に多くなるような気がします。

お客様の笑顔に囲まれて、幸せな時間を過ごさせていただきました☆

  

川畠さんとはご一緒させていただく回数も多く、同じ曲でも熟成させたり新鮮にアプローチしたり、毎回色々な楽しみがあります。
ピアソラは昨年の後半から弾いていますが、ここにきてようやくコツが掴めてきたような気がします。
今回は、モーツァルトのK.304、ガーシュインなど初めて共演した曲もありましたが、新しいレパートリーを広げていくことはより幅広い音楽性への出会いにも繋がり、刺激や勉強になることが多かったです☆
それにしても川畠さんの耳の良さにはいつも驚かされます。
本来こちらが余裕を持って合わせなければならない部分でも、本番に限ってそれが逆転してしまった箇所もあり、自分としては救われたという部分もあります。
楽屋で聴かせていただいたバッハの無伴奏シャコンヌも心に響く名演でした☆

ソプラノの奥山さんとは初めて共演させていただきました。
声楽の伴奏は学生時代に続けていたのですが、卒業後は本当に久しぶりで、練習前の歌詞の下調べなど緊張感を持って臨みました(^_^;
練習の時に奥山さんの歌声を聴かせていただいて、その声の美しさと表現力の幅広さに感動しました。
歌には歌詞があって、キャラクターや喋り方まで自在に表現できるので、やはり表現の奥行きが深いですね。
今回、ドイツリートの中でもブラームスの歌曲を一緒にやらせていただけたのは本当に有難いことです。
ブラームスは歌曲も室内楽的な書法で書かれており、楽譜を一見するだけで「ブラームスだ!」という特徴があります。そこが音楽的表現に最も密接に繋がる部分でもあり、演奏の醍醐味でもあります。
奥山さんとの素敵な出会いに感謝し、今後またご縁があるといいな~と思っています(^_^)
アンコールの2曲の染み入るような歌声には心が震えました☆

***

今回はアンコールも含めて15曲を弾かせていただきました。
前半のモーツァルトのソナタやブラームスの歌曲などに対して、後半はガーシュイン、ピアソラ、メンデルスゾーン、ドヴォルザークなどの小品が並び、皆様にも様々な趣きの曲をお楽しみいただけたのではないかと思います。

アンコールは、
・ショパン:ノクターン 遺作(Vn)
・アメージンググレース(Sop)
・モンティ:チャルダッシュ(Vn)
・バッハ:アリア(Vn)
・ブラームス:子守唄(Sop)
でした。

ピアノという立場的には、ヴァイオリンと歌の入れ替わりも含めて、曲ごとに気持ちを切り替えていくことが一番の課題になるかと思っていたのですが、実際には各曲の時間がとても充実していたので、切り替えが忙しく感じるということもなく、本当に1曲1曲の世界を堪能するといった感じで楽しませていただきました(^_^)

終演後にはたくさんの方々とお話しできて嬉しかったです。
改めまして、会場にお越しくださいました皆様、及び主催者様に感謝申し上げます。
 
[今回の一言]
・パノラマに広がる太平洋を眼前に、久々に時を忘れて海と大地と空の呼吸を感じました。
・終演後の関係者パーティーでいただいた肉が美味しかったです。思わず「ラーメンに乗せて食べてみたい!」と思ってしまったあたり、本当に重症ですorz
 
この記事に対するコメント
コメントの投稿




















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。