音楽の旅 ~ピアノ雑記~

プロフィール

Y.N.

Yuki NOGUCHI(野口裕紀)

演奏会、日頃の練習、レッスンの様子など不定期で書き記していきます。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弦楽器フェア☆


11月5~7日の3日間に渡り、弦楽器フェアにて二村英仁さんと演奏させていただきました。
全6公演にわたる36曲マラソン(二村さんは無伴奏曲も入れて39曲!)、おかげさまで完走することができました。

今回は一度に大量の新曲に取り組むという、自分にとっては過去に例のないことへの挑戦でもありました。
練習期間から本番まで怒濤のように流れていきましたが、本番中は様々な感動やハプニングも含めて、全力で楽しませていただきました。
全てが終わった今は、清々しくも名残惜しいような気持ちです。

コンサートでは、出展されている楽器を紹介するため、幅広い曲目を次から次へと楽器(ヴァイオリン)を変えて演奏していきました。
初めての楽器との出会い、それぞれの楽器の魅力を引き出そうと、二村さん共々楽しみながら演奏に取り組ませていただきました。
一回一回(一曲一曲)が未知と期待の交錯であり、そのどれもが真剣勝負でした。
スリルも期待感も、爽快さも感動も・・・全てが大きな可能性の触れ幅を持っており、演奏中は無我夢中でした。
瞬間瞬間の理想が実る喜び、思うようにいかないジレンマ、まさに満足と裏切りの連続でしたが、お客様の目にはどのように映りましたでしょうか。

ピアノについては、完成度においてもアンサンブルにおいても十分な出来とは言い難く、申し訳ない部分も多々あります。至るところで私の未熟さを露呈してしまったことは、プロとしては恥ずべきことと重く受け止めています。

ただ、極限の状態で36曲もの曲を弾かせていただいたことで、私の全て(良い面も悪い面も至った面も至らない面も)を聴いていただけたようにも思います。
練習期間から本番まで振り返るとあっという間ですが、今回取り組んだ曲の数々には特別な愛着がわいたようで、今は1曲1曲思い出すごとに胸が熱くなります。

このような貴重な機会を与えてくださり、また共に楽しい時間を過ごしてくださいました二村さん、コンサート関係者各位、そしてご来場いただきましたお客様皆様に心より感謝申し上げます。

[今回の一言]
・椅子が壊れてしまった時は焦りましたが、お客様の拍手が暖かくてとても嬉しかったです。(椅子の交換直後は動揺が収まらず、一度演奏をやり直させていただいたことを心苦しく思っていますm(_ _)m)
・演奏会後の打ち上げで感激のサプライズ!お店の方がコンサートのことを調べてくださっていたようで、大きなプレートに「弦楽器フェアおつかれさま」の文字が入ったスイーツを出してくださいました。二村さんと一緒に蝋燭の火を吹き消しました♪
 
この記事に対するコメント
コメントの投稿




















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。