音楽の旅 ~ピアノ雑記~

プロフィール

Y.N.

Yuki NOGUCHI(野口裕紀)

演奏会、日頃の練習、レッスンの様子など不定期で書き記していきます。



最近の記事



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク



ローマにてリサイタル☆
  

9月15日にイタリアのローマにてソロリサイタルをさせていただきました。
コンサート会場は古代ローマ時代の美しい建築物「マルチェッロ劇場」です。

入り口付近には連日行われているコンサートの案内も掲示されていました。
自分の名前を見つけると、それだけで気持ちも高揚してきます(*^_^*)

下の写真はコンサート前日の練習風景。
マルチェッロ劇場に併設された教会を使わせていただき、なんとも贅沢なひとときでした。



いざ演奏会の当日を迎えてみると、なんとあいにくの雨天。
野外ステージでの演奏は無理とのことで、練習で使わせていただいていた教会に会場が変更になりました(^_^;

ライトアップされた美しい野外ステージを楽しみにしていたため、変更の知らせを聞いた時には幾分残念でしたが、実際にはラッキーだったかもしれません。
・・・なぜなら、石造りの教会は天井も高くて響きがとても良く、大理石の柱や天井の絵がとても美しく、音の面でも雰囲気としても想像以上に素敵だったからです(*^_^*)

 

開演が近づいてきて緊張も高まります。
雨天な上、急な会場変更になったため最初はお客様の姿がまばらで、果たしてお客様が来てくださるのか心配でした・・・。
開演時間になっても受付にお客様が続いていたので、開演を10分ほど遅らせたところ、最後には有難く満席となりました!

 

大きく暖かい拍手に迎えられながら一曲一曲を楽しく演奏させていただきました。
プログラムの最後に弾かせていただいたリストの「ダンテを読みて」の後には、立って拍手を送ってくださるお客様やブラボーの声を掛けてくださるお客様もいて感激しました!

フォーカル・ジストニアの症状により一度は演奏活動をあきらめかけていただけに、今回のヨーロッパでのコンサートの成功は本当に嬉しく、今後に向けて改めて勇気をもらえるものでした。

アンコールはこれまでの人生の中でも最高に気分よく弾けたような気がします。
嬉しいことに、予定していたアンコール曲の後も拍手が鳴り止まず、予備の曲まで弾かせていただきました。(念のため用意しておいて良かったです^^;)

終演後は何人ものお客様が話しかけてくださり、感激で胸がいっぱいでした!
イタリア語も英語もろくに聴き取れずに「Grazie」「Thank you」ばかり繰り返していた気がします(>_<)

楽しく弾かせていただいただけでも十分に幸せなことですが、主催者のEde Ivan氏(ピアニスト)に、また次の機会のお話しをいただくことができ、感謝と喜びの気持ちでいっぱいです(*^_^*)

***

フォーカル・ジストニアの手でいかに弾けるようにしていくかという点においても、自分なりに手応えや発見が多く得られ、今後の演奏活動に向けても大きなステップとなりました。
今後の希望がいっぱい見えた、イタリアでのコンサートでした。

[おまけ]
曲間の拍手のたびに濃厚にイチャイチャしているアベッグが一組いたのが印象的でした。ロマンティックなレパートリーでプログラムを組んでいたので、そういう気分になってもらえたのなら幸せなことです(笑)
 
この記事に対するコメント

ローマでの演奏会のご成功、おめでとうございます!
すばらしい舞台と演奏を想像して感動しております。
先生のため息、ぜひ聞きたいです、、、。
ダンテは録音で聞かせていただきました、生の演奏だとどんなにか感動的だったでしょう!いつかコンサートに伺いたいです^^

【2013/09/27 04:49】 URL | 生徒在外組 [編集]

先生、リサイタルお疲れ様でした。
大成功だったご様子を、先生の素敵な演奏を思い浮かべながら、とても嬉しい気持ちで読ませていただきました。

フォーカル・ジストニアの症状を抱えておられながらも、やはり先生の素晴らしい音楽はイタリアの方々にも沢山の感動を伝えられるものだったのですね^^

また日本でも是非、先生の演奏を聴かせていただける機会を楽しみにしております!

【2013/09/27 12:57】 URL | 生徒です [編集]

お疲れ様でした!演奏会の様子、upされるのを楽しみにしていました。素敵な教会での演奏会だったんですね✨✨きっと先生の素敵な音色が教会に溶け込み聴いている方々は感動されたことと思います。是非日本(できれば関西(^^;;)でも!!
これからのますますのご活躍楽しみにしております。

【2013/09/27 21:16】 URL | 光理母 [編集]

皆様、ありがとうございます。
おかげさまで無事にコンサートを終えて帰ってくることができました。
今はホッとしつつ、次の機会に向けてどんな風に取り組んでいこうかなと。楽しみな気持ちでいっぱいです。
積極的な演奏活動にも繋げていけたらと思っています。
 

【2013/10/01 17:59】 URL | Y.N. [編集]

コンサートのご成功おめでとうございます。会場とても素敵な所ですね。

今後もご活躍をお祈りしております。
アンコール、何を弾かれたのか気になっています・・

【2013/10/05 12:31】 URL | pianofan [編集]

pianofanさんもありがとうございます。
素敵な教会で弾けてとても幸せでした。

アンコールでは、リストのコンソレーション3番とショパンのノクターン遺作(初稿版)を弾かせていただきました。^^
 

【2013/10/07 17:11】 URL | Y.N. [編集]

野口先生、ご無沙汰しております。ブログ拝見しています。リサイタルご成功おめでとうございます!実は先生のリサイタルへ行こうと計画を立てていたのですが、自分の本番が入ってしまったため、お伺い出来ませんでした。先生のダンテ聴きたかったです…。私は、ドイツへ来て2年が経ちました。先月からこちらの音楽教室で自分のクラスを持たせてもらえることになり、幼稚園生や小学生にピアノを教えています。充実した毎日です♪これからも先生の益々のご活躍、お祈りしています♪

【2013/10/11 03:10】 URL | Naoko Yamamoto [編集]

Yamamotoさん、ありがとうございます。
演奏会にお越しいただけるかもしれなかったとのこと、お気持ちだけでもとても嬉しいです。

ドイツでの生活にもすっかり慣れたご様子。
音楽教室でクラスを持てるまでになっているとは!
演奏に教育にご活躍のようで嬉しく思います。^^

またコンサート等でお会いできる機会を楽しみにしています。
 

【2013/10/15 03:15】 URL | Y.N. [編集]

先生、ローマでのリサイタル、おめでとうございます!久しぶりにブログを拝見して、演奏会のことを知り、とても嬉しく思っております。
プログラムにはスクリャービンやシマノフスキの名前も!先生のスクリャービンの8-12、大好きです。ぜひ東京でもリサイタルをお願いします。これからも応援しております。

【2013/12/03 23:47】 URL | yuki [編集]

yukiさん、ありがとうございます。
返信が遅くなってしまい申し訳ありません
スクリャービンの8-12は今の手でも弾きやすいかなと思って選んだのですが、ぎりぎりまで苦労しました(^_^;
本番では気持ち良く弾き切ることができて、とても嬉しくまたホッとしています。
東京でもまたコンサートができるよう取り組んでいきたいと思います。
 

【2013/12/22 05:11】 URL | Y.N. [編集]

コメントの投稿